SDGsへの取組み

 持続可能な社会の実現のため、2015年に国連において採択された「持続可能な2030年までの開発目標(SDGs)」を国際社会の重要な目標と捉え、私たちならではの通り取り組みを継続的に実施します。

logo

  • 1.貧困をなくそう
  • 2.飢餓をゼロに
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 6.安全な水とトイレを世界中に
  • 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 8.働きがいも経済成長も
  • 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 11.住み続けられるまちづくりを
  • 12.つくる責任つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 15.陸の豊かさも守ろう
  • 16.平和と公正をすべての人に
  • 17.パートナーシップで目標を達成しよう

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月に国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までの国際社会共通の目標です。
そこには持続可能な世界を実現するための17の目標と169のターゲットが示されています。

ジットグループでは、SDGs を国際社会の重要な目標と捉え、
下記の通り取り組みを継続的に実施することで、
「誰一人取り残されない」国際社会、持続可能な社会の実現させます。

グループの事業として、下記の目標について、実施を行っております。

[7] エネルギーをみんなに そしてクリーンに / [12] つくる責任 つかう責任 / [13] 気候変動に具体的な対策を

  • 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 12.つくる責任つかう責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
実施
ジット株式会社

ジットでは、1999年世界で初めて、インクカートリッジのリサイクル化に成功。現在、年間2350万個の使用済みのインクカートリッジを回収しています。焼却処分すると、1674tが発生してしまいますが、回収することで、杉119,600万本が吸収するCO2量を抑制しています。年間1,000万個以上をリサイクルし、一度リサイクルした商品も、可能な限り再利用しています。

この取り組みについて

[3] すべての人に健康と福祉を / [4] 質の高い教育をみんなに / [10] 人や国の不平等をなくそう / [16] 平和と公正をすべての人に

  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 4.質の高い教育をみんなに
  • 10.人や国の不平等をなくそう
  • 16.平和と公正をすべての人に
実施
ジット株式会社
株式会社ジットセレモニー
NPO法人ジット会 たいよう

ジットグループでは、現在74名のハンディーキャップをもつ皆さんが活躍中。健常者と同一の施設を利用し、イベントなども行い、共生を図ることで、相互理解を深めています。
また新卒採用を2007年度から継続しておこなっており、支援学校を卒業して入社をするメンバーも一緒に入社式を実施しています。
また現在、シンガポール、中国の方が活躍していますが、2019年にはインドに赴きインド人学生の採用を実施しました。2020年には3名が入社をします。

この取り組みについて

[5] ジェンダー平等を実現しよう / [8] 働きがいも経済成長も

  • 5.ジェンダー平等を実現しよう
  • 8.働きがいも経済成長も
実施
にこにこキッズ保育園

女性の終身雇用を目的に、2008年託児所を設置しました。
2018年には南アルプス市の認可を得て、小規模保育園として、地域の働くお父さんやお母さんのお子様のお預かりもできるようになりました。2020年4月からは認可保育園として、山梨県の認可を得て、24名に定員を増員することが決まりました。
現在、育児休業取得率が100%、取得後の復帰率後も100%ととなり、子供を持つお母さん、お父さんが活躍しています。

この取り組みについて

[2] 飢餓をゼロに / [8] 働きがいも経済成長も

  • 2.飢餓をゼロに
  • 8.働きがいも経済成長も
実施
山梨Made

2017年より、山梨県産の果物を丸ごと使った食べるジュースシリーズを製造。「山梨から日本を元気に!」
日本中、世界中の皆さんに山梨を知ってもらい、ここ山梨に来ていただけることを願い、商品づくりや場づくりに取り組んでいます。

この取り組みについて

その他にも、事業に付随して様々な取り組みを実施しています。

[1] 貧困をなくそう

1.貧困をなくそう
実施
ジット株式会社

ジットはヤマダ電機と提携し、恵まれない子どもたちへの募金活動を2007年より行っております。
2007年から2019年7月まで、累計\132,872,420円の募金が、国際協力NGOセンター及び、交通遺児育成基金のために募金しております。

この取り組みについて

[3] すべての人に健康と福祉を

3.すべての人に健康と福祉を
実施
ジット株式会社
株式会社ジットセレモニー
山梨Made
NPO法人ジット会 たいよう
にこにこキッズ保育園

●敷地内全面禁煙を実施。2008年より入社条件に禁煙を追加し、従業員の健康を促進しています。
●ドライブレコーダーを全車両に搭載。安全教育を実施することで、交通事故を減らす活動を行っています。
また年に1度、1月3日には全車両の安全祈願を行っています。
また、社有車及び自家用車の車のNO.を10-10に統一をし、3年間合計108,000円の手当を支給しています。

[7] エネルギーをみんなに そしてクリーンに

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
実施
ジット株式会社
株式会社ジットセレモニー

2012年に、252kwの太陽光パネルを設置し、2014年山梨県で初めて省エネスマートカンパニー大賞の特別賞を受賞しました。

[11] 住み続けられるまちづくりを

11.住み続けられるまちづくりを
実施
ジット株式会社
株式会社ジットセレモニー
山梨Made
NPO法人ジット会 たいよう
にこにこキッズ保育園

2014年6月12日にユネスコエコパークに指定された南アルプス市の自然保護活動を目的に、2013年には南アルプス市とグリーンパートナーズ協定締結しました。
以後、年に1度の櫛形山へ登り、アヤメの保護活動として、草刈りを毎年実施しています。

この取り組みについて

山梨学院大学 金子 勝一氏らによって、SDGsの実践企業ということで当社の取り組みについて論文で取り上げられました。

ページトップへ